そろそろ転職活動をするのなら、今現在の業務や業務の何に対して不満を感じているのか・・

いよいよ転職することを希望しているのなら、今いる職場・業・・

明日からでも転職活動を考えているのなら、今の業務や業務の何に不満があるのかをハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと気に入らない点が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えて現状である会社の問題な点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することができます。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍内閣によっ・・

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間においてもあたらしい社会的な変化が増えつつあります。そのこともあり企業伸長とともに若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を現状以上に高めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

自分が求職中のころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質が驚くほど様々で大方は不満を感じる担当者ばかりでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと一生懸命に臨んでほしいという気持ちがこみあげていてそれが理由で自分がキャリアカウンセラーを志すことになりました。資格取得には費用も掛かりました。また、勉強の面に関してもとても大変ではありますが、お仕事を探している方から頼みにされるように努力しています。

現在は、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、…

今では、株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういったような移り変わりに伴い、会社勤めだけが世の習いといった従来の常識も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、将来が不安定な株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうが大いに将来が安定していて、人生の「花形」としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にも表現します。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

転職の採用面接を受けに転職したい会社へ向かいました。

転職のための面接にある会社に伺いました。会社にある会議室が空きがないとのことで外の場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散をして、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ビックリしたのは自宅最寄駅が同じ。なので電車の中においても面接官とずっとおしゃべりをしながら帰宅することとなって、すっかりお互いリラックスして面接よりお話が弾んで、それが功を奏したからなのか何の問題もなく採用を掴み取ることができました。

求人に係る情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、…

求人サイトをチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業をスルーしてしまっています。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と早合点していることが少なくありません。製造業の求人であっても製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類するお仕事もかなり存在します。ですが、製造業の仕事場はビジネス街から外れたエリアにあるのでその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。しかし、自分のこだわりを捨てることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。