ほかの職に転職を決断するキッカケは、人それぞれです。

看護師でありながらそれと違う職業に転職の原因は人によって違うはずです。

看護師という職業の人の他の職業に転職を決断するキッカケは、その人によって違うはずです。ちょっとみると転職するには「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産さらに子育て加えて親の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までと同じような仕事が難しい」「現在の収入に大きな不満がある」など多種多様の理由があるのでしょう。しかし、転職を決断する前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めて沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断しておくと間違いありません。

就職するため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容は、…

就職のため職探しをする際に気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めのものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいることがたいへん多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料に残業代を組み込んでおくというシステムです。(なお、これは合法です)もしも『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」というワケです。が、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともあるので要注意です。

今、私は派遣で働いています。サイトでなにげなく自分に合っていそうな仕事・・

このところ私は派遣会社に登録しています。ウェブサイト内でなんとなく自分にぴったりの仕事を見つけ問い合わせたところ「その仕事はもう別の人が採用されました」と言われて一瞬ウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、翌日になればまた載っています。それって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。それであるならば初めからカドが立たない程度にはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまたもしかして存在しない仕事を載せているのでしょうか?

転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、…

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は現在の会社側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐもらえる場合があります。ちなみに、支給される失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

人生初の転職を行うにあたって、気を付けなければいけないの…

最初に転職をするとき、頭に入れておかなければいけないのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかをクリアにしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。その上で問題解消が可能な企業を選択してください。転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動していくので、時間と体力とが必要だと考えられます。それゆえ明確な理由がないまま転職活動を行えば、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動を開始するのはやめておくのがいいでしょう。

在職中には、可能であれば、周りの人間に気づかれないように・・

就労期間にあるときは、可能であれば、周りの人に気づかれないように、(自身のときは)在職中に転社の意図だけ、早いうちに周りの人に言ってみたことがあります。しかしながら、その後に転職情報を探していたのですが、結局就職先や仕事を変えるタイミングも計画も立てずに進めていたので、時間だけが経過してしまいました。一方、社内では仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探すことになりました。