クールビズで再就職の面接にチャレンジする場合、ジャケットまで…

クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接にチャレンジする際には…

クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでもジャケットは着なくても大丈夫だと間違いなく言えるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが安心です。タイの着用はなくても良いと認める企業も存在する可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイだけはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつけなければならないと考える会社がいくつか存在するわけです。という訳で、例えクールビズが指定されていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が良いということを知っておいてそんはありません。

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

転職時の面接の時に面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、質問されるのはほぼ間違いありません。この時、どんなに正しい意見だと思っても、「人づきあい」「働く環境」が良くなかった返事などは、意識して口にするのは避けましょう。なぜかというと、そのような不満を口にすると、心象を悪くしてしまい、チャンスを逃してしまうことになりかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり重要で、正直な理由でなくとも、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったようなアピールの仕方が必要とされます。

転職するなら、むろん仕事のやりがいのアップと一緒に加・・

転職を行うなら、当然やりがいを考慮することも重要だけどさらに手取りのアップも大切なポイントになるから「年収サイト」というところに登録していろいろと調べています。全く同じ会社でその上同一の職種、経歴なのに人によってかなりの違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物についてだいたい予測がついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。

転職先を探している間は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活をしてお…

転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いと思います。採用が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に夢中になっていたおかげで気付かないうちに集中力が養われています。また体力アップしていることで他の社員たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識します。そんなわけで、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。仕事が決まり、その職場にて共通の趣味の方と知り合えたなら、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

これからますます思考を必要としない作業は機械化が進歩して・・

将来、段々と簡単な仕事は機械に変えられて稼働人口は少なからず縮小していきます。なぜなら、考えなくてもできる作業はヒト以上に機械を稼働させたほうが数段にすぐれているからです。数を数えたり同じ手順を延々とリピートしたりすることは機械なら問題ありません。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わず、疲れないし、不正をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給料が発生しないのも大きな違いといえます。ですから、人間を使う意味が無いことが明白で、機械化が自然の流れなのです。

これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜…

「シフト制」の仕事についての話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については前もって確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため休む人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前任者が土日は必ず出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思えば「本当によく耐えたな」と。