以前はかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが…

自分が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが・・

  • かつてはかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質においても驚くほど色々あってそのほとんどは不満足を感じる方ばっかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと心して向き合ってほしいという願いが積もりました。そんなことがあったこともあり私はキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはコストもかかりましたし勉強面においてもヘビーだったわけですが、仕事を探している人から信頼される人になるために頑張っています。
  • 現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けた・・

  • 近頃、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような世の中の変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、先の見えない株式投資・自営業よりも組織の一員として働くほうがはるかに安定性がありました。人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されていた。そういった時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」といった名称で言われています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手が不要になると言われています。
  • 転職のための面接にとある会社に赴いたときのことです偶…

  • 転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ赴いたときのことです会社の会議室がすべて他の客でつまっているということで外の会場で会社の人と待ち合わせて採用面接をし、その場所で解散をして、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、なんと下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中においても面接を行った人とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰宅することとなり、おかけで打ち解け面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したのか最終的に採用を掴み取ることができました。
  • 求人に関係する情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

  • 求人関連の情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解しているはずです。現に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務などの従業員募集から、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職も結構な数あります。製造業の多数はオフィス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。そうだとしても、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。
  • 今まで経験したことのない業種とかに転業をしようとするときに…

  • 全く経験のない業界などに転職をしようとするときには、前の職場で養われた力やこれまでの経験値が生かせるといった内容のアピールが必要になります。そのジャンルで経験をしたことがないという人は経験のない分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその分野でも十分に発揮できるということをうまく相手に話すことができれば、戦えるケースも十分に考えられるのです。それゆえに、経験が全然ない分野に挑む場合は、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事とのかかわりを見つけ出しましょう。
  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接では、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソはバレてしまうからです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはないものと考えておくべきです。現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に採用されたとしても、退職を余儀なくされることを招きかねません。