再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら・・

転職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきた場・・

再就職における面接などに関して担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に迷ったら、たいていの場合は渡す必要のないもの、と覚えておいてください。転職のための面接というのは仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺を交換する時とは異なります。重ねて、あなたは会社の者として出向いているのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなたは、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方に渡すことは少しもないと判断できるのです。

新しく就いた仕事でこれまでに培われてきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、…

新しい勤め先で、これまでに培われてきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として周囲から扱われ、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり雇い主としてもそのような人材は常に必要なので、時期さえ良ければ、円滑に事が進むでしょう。加えてかつての仕事内容と似た環境の職種なら転職は非常に容易になります。ですが、そこそこ能力があるといっても一流企業の事務系、公務員系の募集は、今も昔も中々の競争率を突破しないと就職自体が難しくなります。

転職というものをする場合、そこでの年収ばかりに気を取られる・・

転職を考えるとき、そこでの年収ばかりに気を取られる人がどうも多くいます。とうぜん大半の方は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料としてもらうために仕事しているはずです。ですから年収というのは自分の評価という見方もできますから、大切なものとして扱うのは当然なのですが、とはいえ、必要である以上に年収額ばかりを気にかけすぎる生き方というのも虚しい気がしませんか?この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。

もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」のように・・

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外での求人情報にも簡単にアクセスできます。ただ、地方での求人情報では、大都会ような選択肢がないのが正直なところといえます。ですから、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも頻繁に確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにも注視しておきましょう。

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより…

転職活動で大事なことは希望先転職先の会社企業というより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接官に良い印象を与えるために、はじめに普段通りを意識して平常心で対応することを心がけましょう。たとえば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、望むと問題はありません。更に大事なことは面接官に対してはまず第一に自分の人間性を判断してもらうので悪い印象を与える言動は注意し控えましょう。また社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

勤務していた会社で嫌な感じの上司に悩みを抱えて、我慢することができなくなりその会社は辞め…

新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、最後にはやる気がなくなってその会社を退職し、同じフィールドの別の会社に変えました。その会社では気分よく勤務することができ非常に満足のいく毎日でしたが、徐々に会社の業績が悪化して、とうとうとある会社に経営統合されることになったのです。ところが経営統合したのは驚くなかれ以前働いていた会社で、しかも反りが合わない上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、ここまで縁があるとは。当然ながらまた転職活動をし始めています。