新しい転職先で、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。

職場を変えたいと思っているのなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職する企業で、「年収」を高望みしないほうが無難です。特に、はじめの年は「研修期間」が含まれているというのがケースが少なくありません。私のケースでは、尽力して新しい職を見つけることができたのに、悲しいかな前の会社での年収とほぼ同じで変わりませんでした。それに加えて、仕事内容はきついうえに、とても責任が伴うものだったので、初年度をクリアするのにとても苦労しました。そのような実体験をしてみると、初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、なるべく転職前の段階でお金をためておくことに尽きると思います。

失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になります…

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。としても、「今まで忙しすぎたので、しばらくは働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。ということで、真面目に就職活動しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は当然になりますが、そこで、求人票を閲覧することが少なくともしておきましょう。真剣に探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が意に反して今回はありませんでした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。

転職するときは、様々な手段で情報を得ることが多いと思います・・

転職を始める際、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。とはいっても、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことが書かれているので、一刻も早く火消ししたい」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する覚悟をする必要があると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、本当に善良な会社であれば煙すら立ちませんから。

自分のスキルを活用しながら再就職したいと思っているなら・・

あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動をしていく場合、比較的、再就職しやすい業種と難しいものを理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職が容易な業界としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」が代表例といえます。医療・介護の職種では看護師、介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な理由により、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、簡単に考えないことが重要です。転職を本気で考えるのであれば、すんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておきましょう。

転職する場合は、まず、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調査すると思います。

転職をするにあたっては始める前に、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして転職したい会社をチェックするでしょう。当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の会社や社員に関連する情報については、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々なイチャモンをつけて会社を辞めれないように画策します。この手のブラック企業には注意が必要です。

数ヶ月ほどまえに、転職したというのに、すぐに辞めてしまうことを決断する人・・

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、早期に退職届を提出する人がなんとなく少なくないのです。何故そうかと思うと私の考えでは新たな職場に飛び込んだものの、「自分の思っていたものとかなりギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」と考えて退職を決意するみたいです。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、第一に、事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。