私たちの社会的環境において、今後ぐっと単純作業は機械によっ…

私たちの労働環境は、将来的に段々と簡単な仕事は機械で済まされるようにな…

私たちの社会的環境において、この先着実に考えなくてもできる作業は機械化が進んでいき、それに伴い、マンパワーはどうしても削減させられてしまいます。というのは、考えなくてもできる労働という観点では人間の手を借りるよりも機械で進めたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動きを繰り返すのは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言を言わず、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確だし均一化できるのも魅力です。そして、人と違って給与が発生しないのも大きな違いといえます。こういった点から、人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械化されるのは必然といえるでしょう。

シフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を…

これはシフトの業務についてです。決まった曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を前もって確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去、産休で休む人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、そこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の上司に「日曜日に休みたいのです」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思うとよくやってこれたなと思います。

転職の面接でほぼ絶対に聞かれるのが前職を辞めた原因についてです。

転職をする際で高確率で聞かれるのは以前勤務していたところを退職した理由なわけですが、この質問になった場合には話題を辞めた会社のことにしない方が賢明です。会社を退職した経緯が話の中心になると絶対にマイナス要素を含んだ話になってしまいます。この話の良い進め方は、どうして前の会社を退職したかという点をぜひともこの会社に入りたかった理由があるといった感じの話にすべきということで、今、自分が面接している会社の方に話の内容を向けていくべきなのです。その会社の内容であればマイナス面を隠しプラスの要素を含んだ辞職の理由に聞こえます。

人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

人からの紹介を通じて転職先を探すこともあるでしょう。ですが、転職した先の労働環境やそれから労働条件といったポイントを知人の口コミを判断してしまうとあとで後悔するかもしれません。なぜなら、個人の口コミは主観が入ってしまうからです。要するに友人にしたら居心地の良い働く場所だとしても、自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな場合だってあるのです。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最終的には自分自身の目で確かめておくことも大切です。

今現在のあなたの仕事や職場に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今現在のあなたの勤め先・仕事内容について多くの人は不満を感じていると思います。「自身の持っているスキルや能力を真面目に評価してもらえない」さらには、「年収は増えず、昇進する可能性も見いだせない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自分の持っている技量を過大評価している事が少なくないのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、仕事をしない期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで再就職で成果をだすためには、あなた自身のスキルや能力を客観視することが大切です。

派遣先の会社が決まりました。勤務開始の日に派遣会社の営業の担当の人・・

派遣として働く会社が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業の担当の方と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、担当者がどうしたことか約束をした店の前にいないので中にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみたら営業担当者はなんとまあ雑誌コーナーにしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな担当者の仕事なんて勘弁だと感じ、挨拶することもなくお店を出てすぐさま派遣会社へ辞退すると連絡をしました。