自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意した方が良いです。

好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。これは、私の実体験になるのですが、私は、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で、以前は、飲食業界(レストラン)で仕事をしていた時期があります。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係にすごく悩まされました。ということが引き金となり、退職する羽目になったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べることやそのレストランで提供されていた食べ物すら嫌になってしまい、同ジャンルの店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、改めて自分に問いただした上で行動するべきです。

仕事を変えると、高確率でそれまでの仕事は美化されるものです。

職を変えた場合には、だいたいの場合はそれまでの仕事は大方は美化された記憶となります。現在の会社に合意できないから、それをクリアするためにせっかく転職したはずなのに、時の流れとともに転職後の会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と感じ始めるのです。極めて普通のことで、前職は日々の仕事に慣れていて、きちんとやるべき仕事ができていたのも根底にあるでしょう。しかし、「転職なんてしなけりゃよかった」と本気で思うほど、以前の職場の方が人間関係や人間関係が良いケースも考えられます。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使っ・・

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用し、転職活動する人は年々増えています。もっと確実によい仕事を見つけたいのであれば、転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運ぶことによりいろんな企業について知ることができますし、また、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。仮に、転職フェアに参加しようと思うなら、これも面接のうちだと思って自身をしっかりアピールしていきましょう。その結果フェアを通じて、企業側に必要な人材と思わせることができれば、後日応募して面接の本番時にかなり有利になると予想できます。

転職活動のさなか、気になった求人(OR 職種)を見た際に…

将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(業界)を見つけた際には必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス面などは教えてもらえないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索でカンタンにおおまかな実態を理解できます。そういう実態を理解しないまま、入社すると、あとから痛い目にあいます。そもそもその求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイからなかなか人が定着しない」ということも多いので興味をもった案件や業種については、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

将来に目を向け、楽しみながら転職と向き合うことで、精神的な負担も軽減されるので…

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動ができれば、精神的な負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も避けられます。そのうえ精神的な部分が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。もっとも良いのは、やはり、休職せずに新しい勤め先を見付けることが大切です。今の会社に勤めながら、次の仕事を見つけるのが良いでしょう。しかも、ブランクをなくせば仕事をやめても、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴も傷がつきません。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めていきましょう。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとして…

派遣社員だからといって1年経ったら好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職を通じて学びました。新婚生活が落ちついたあと早く子供を持ちたかったので、その間までと思い1年半~2年だけ現在の職場で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より月収は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。でも、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。意外にも派遣社員を選択しても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。