転職の際に今務めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません…

転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時・・

転職する際、今働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自分からすすんで退職届を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、即座に失業保険が出るのではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月待たないといけないのです。よく間違って会社を辞めた次の日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則に無理解な人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果としてハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。なお、自分側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業が認定されれば直ちに失業保険を受け取ることができます。

大きな転職エージェントは、たくさんの案件を取り扱って・・

転職エージェントは大規模であるほど、たくさんの案件を取り扱っているという強みがありますが、その反面、転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それゆえあなたが気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が可能性が低いと判断すると応募してもらえないこともザラですし、会社から見て自分より高く評価される人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模な転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりけっこう難しいので、発想を変更して規模が大きくないエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と尋ねておくと自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として・・

転職活動をする際の最後に残る難関として、「現職の退職」があげられると思います。転職先が決まっても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして慰留しようとするはずです。そのような場合は、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な気持ちを保つことが大切といえます。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。そして、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えます。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動の大事な要素です。

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が強いのであれば・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、未来の進む道もハッキリしているのなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられます。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。最初、直属の上司に相談したのが年度末で、退職が受理されたのが同年の11月です。本来、仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りにはいきませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなり前の職場に対して愛想が尽きました。

転職のための活動を行っていて面接のときに絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接時に必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは異なり転職理由について正直に話すのはよくありません。たとえば収入に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、過去のマイナス事例をそのまま話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。さらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社に応募しました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

職を変える際の面接での身なりはクールビズ可とと書かれていることもあります・・

再就職の面接において会社側からクールビズ可とと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは良くないのでは?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを心に背負いこんでいる方々に伝えたいのは、クールビズを指定された面接は伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが不安要素がないです。悩みすぎてしまい、暑い時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、クールビズで良いと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。