近頃、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。

最近はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。

近年、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、特許などを出すと連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を提出した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったときには、心当たりを考えてみてください。稀にヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、そのような会社は完全なイカサマなので、注意しておきましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。

転職サイトでは、登録後、何回も電話やメールをしてきます。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメール連絡が頻繁に入ります。そのため「転職エージェント」の利用が初めての人はかなり驚く場合が少なくありません。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だといえるので、本当に積極的にアプローチしてきます。中でも大手のエージェントは転職させると企業からお金を受け取る仕組みといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。また、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることが多いです。自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職しないように注意を払うことが重要です。

派遣というかたちで働いています。

派遣社員として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で長く務めてきた派遣先の会社での仕事があとわずかで終わります。同じ派遣である人の中には、派遣先の会社から正社員のポジションを得た人もいるのですがぶっちゃけると仕事ぶりというよりは派遣先上司へのあしらいがうまい人で引き立てがあったよう。仕事を遂行するスキルよりも上司のおじさんを転がす能力の方が大事なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の友人と派遣先の職場で愚痴を言う日々です。

「転職サイト」は、大手のほうが豊富な量の求人情報が掲載されているため、…

転職サイトは大きなサイトであるほど豊富な量の求人情報が掲載されているため、2社か3社くらいまずはウェブ登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、あとは条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職についての情報収集を行うことが可能になります。だとしても、最初は登録するのに多少手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後の応募を考えれば、初回にきちんと準備することを推奨します。

もしあなたが転職される場合は、事前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしも転職を予定しているのなら、転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得をしておくのがベストです。転職活動の際に有効に使えるので、新しい仕事を見つけやすくなります。というワケで、在任期間中での資格取得が最も好ましいタイミングです。もしもあなたが再就職を考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。加えて、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では即戦力になる人材だと認められ、それまでより待遇も良くなる可能性があります。

これまで20代前半に転職を数回経験して、現在、資格を取得したい・・

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。常勤の勤務ではないので毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際、そういった人をみるととても羨ましいと見えてしまいます。以前の私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリすることが多かったのですが、現在は結婚してから、生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので私も新たな目標に向かっています。