卒業後の就職

転職をする際に面接でほぼ100%問いかけられるのが退職・・

再就職で面接でかなり高確率で尋ねられることが会社を辞職したわけについてですが、この質問が出た時には話の中心を退職した会社にしない方が無難です。会社を退職した理由が話の中心となって進んでいくとほぼ確実に良くない面を含んだ話の内容になってしまうので。どういう風に進めればいいかというとなぜ前の会社を辞めたのかという事をこの会社になにがなんでも入社したいと思っていたからといった内容に向けていくということで、自己アピールもかねて今面接に来ている会社に話の内容を向けていくべきなのです。
卒業後の就職

クールビズで再就職の面接にチャレンジする場合、ジャケットまで…

クールビズをして転職の面接にチャレンジするときには、いくらなんでジャケットまでは着込まなくても安心であると言えますけど、ネクタイは着用しているほうが印象が良いです。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認めている企業も存在する可能性はあります。ですが、ネクタイにおいてはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてするべきだと考えるところが一定数あります。
卒業後の就職

近頃、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許を取ったことのある人は、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を書いた実績のある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
卒業後の就職

転職をする際に書かないといけない履歴書や職務経歴書に関しては…

再就職の時に用意しないといけない履歴書などに関しては、大体、パソコンを活用して作るのが当たり前です。今現在の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で作成するのが当たり前と捉えられていることもよくありますが、それは新卒の就活やアルバイトについてであって、実際のところ、転職をする時に関しては履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとはっきりとは言えません。
卒業後の就職

以前はかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが…

キャリアップしたいと思いかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。転職のアドバイザーのレベルにおいても本当に色々で大方満足のいく対応をしてくれない人でした。私にとっては人生かかっているのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという気持ちが積もってしまいました。
卒業後の就職

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動される人は今では普通になってきました。とはいえ、もっと確実によい仕事を見つけたいのであれば、転職フェアの利用が有益です。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、一度足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、それにとどまらず、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。
卒業後の就職

安定性を求めるべく正規社員として働くことを念頭に置いている人が…

より安定した人生を欲しがり正規の雇用社員として働きたいと考えている人は多いのが現実だと思います。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりして頑張っていても、正社員として雇用されることが難しいこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人募集に固執し、時間を空費している人が多いといいます。
卒業後の就職

転職の際に今務めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません…

転職の際に現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自己都合で退職願を出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。
卒業後の就職

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら・・

再就職の時の面接などの際に名刺を差し出してきたら、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と迷ったときは、普通一般的には差し出すことはないと理解しておくと良いですね。面接においては仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動の一部です。ですから一般的に考えて名刺を交換する時とは異なります。
卒業後の就職

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

生まれて初めて失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が少なくありませんが、それは間違いです。実際には、きちんともらうためには、「就職活動」をしている必要があり、その上、月に一度はハローワークに行かなければいけません。毎月スタッフに就職活動の状況をきちんと説明して職探しに真剣に取り組んでいると判断されれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。